ベビーパーク退会するか本気で悩むの巻

8月から主人の転勤と同時に、ワンオペ育児に転向した私ですが、主人の引っ越しが落ち着いてホッとしたのもつかの間…ワンオペ育児中の私に立ちはだかったのが

1歳ころから、ベビーパークに通っているわが家ですが

↓通い始めた理由はコチラ↓

【ベビーパーク】入会を決めた4つの理由

2017年2月1日


なにが問題って幼児教室って(というか習い事全般)月4回指定の曜日に通うっていうシステムじゃないですか。となると、月2回北海道に帰省するわが家の場合、月2回しか通えないんですよ。なると、やはり思ってしまうのは…

っていうことなんですよね。だってだって、計算してください..

ベビーパークって月16,200円。ということは、1回あたり4,050円。となると、月2回しか行けないと…

8,100円ドブに捨てることになるんですよ。ありえなくないですか?(ありえんな、改めて考えたら…)

ということで、今回とりあえず〈なんとか続ける方法はないか〉検証してみた。(←YouTube風)をやってみたいと思います。

その1.振替で消化する方法

まずはどうにか辞めずに住む方法を考えてみました。まず大前提として、習い事に通える時間は

  • 平日の18~19時
  • 土日

という幼児の習い事にはなかなかスパルタな時間で調べてみました。

涼子
いやだってフルタイムで仕事してたらこのくらいの時間しかないよね?ね?←世の中のフルタイムママに問いかけてみる

とにかく回数をこなせればいい。もし日曜日にベビーパークやってたら最高なんじゃないと思って問い合わせてみましたが…

基本的にはどのお教室も日曜日はお休みをいただいております。

とカスタマーサービスに言われました。うううぅぅ。

 ベビーパークさんよ。というか世の中の幼児教育さんよ、ぜひ日曜日にも実施しておくれ。絶対ビジネスチャンスあると思うんだよね…(え、我が家だけ?)

その2.1回のレッスンで2コマ受講

暴挙を考えました。現在Fクラスの康太。ベビーパークのクラス分けは 、その子の成長とクラスの空席状況をみて進級していくシステムです。

Aクラス2カ月~8カ月
Bクラス9か月~1歳3か月
Cクラス1歳4か月~1歳10か月
Dクラス1歳11か月~2歳5か月
Eクラス2歳6か月~3歳
Fクラス(母子分離)2歳6か月~3歳(今ココ)
キッズアカデミー3歳以降

で!

EとFクラスは基本的に、同じ内容をしていて「母子分離」かどうかの違いだけ。ということは、これを1日のうちに2回、つまり連続でレッスン受けたらいいんじゃない?と思い、先生に聞いてみました。

ダメです。

ですよね~(笑)いや、こんなキツイ言い方ではないですが、やはり

  • 基本そんな規約はない
  • 子供の集中力がもつか分からない
  • 同じ日に受けてもレッスン内容が同じなので効果が薄れる

との理由から即刻却下されました。

そうですよね。2時間同じ内容受けることになるんですもんね。意味がないわけではないですけど、まあ、無いですよね

その3.帰省振替という神システムが実在?!

とここまで、あれやこれや考えましたが、あえなく撃沈している私。

担当の先生に相談した結果、とっておきの方法が存在したのです!

通常の振り替えは月1回しかできないですが、〈帰省振替〉という形なら月何回でもできるので、ご主人の家に帰省した週はそちらで通われたらいかがですか?

とっ!!ななな!なんと、そんな神システムが存在したとはっ!早速調べました。

どうやら、通常の振替は月1回までと決まっているのですが、帰省振替に関しては回数制限なく、月2回でも可能なようです!

なんて素敵なシステムっ!しかも、転勤先新居の目の前にお教室があるではありませんか!!!

すぐさま、フリーコールに電話しました。

申し訳ございません。そちらのお教室は土日はレッスンを実施しておりません。

もーなぜ?そんなフルタイムママ少ないの?たしかに、待機児童とかない地域で、幼稚園の保育時間もやたら短いなとは思ったけど…でも!ニーズあると思うねんけどな。

ということで、我が家は完全不適合者でしたが、このブログを見てくださっているあなたが、もしベビーパークの振り替え問題でお悩みでしたら、帰省振替は∞(無限)ということを上手く活用できるようお祈りしております♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。山内涼子です。 学生時代に時代に幼児教育や心理学についてまなび、子どもの指導をする立場としてのべ2000人以上の指導に携わってきました。 このサイトでは少しでもママたちが楽しく毎日を過ごせるコツをお伝えするとともに、これからの激動のAI時代を生き抜ける子に育てる方法をお伝えしていきます。