【ベビーパーク】入会を決めた4つの理由

  1歳の時息子が活発すぎて、ちょっとは座る練習もして欲しいと思って幼児教室を探しはじめて、1年半ベビーパークにお世話になった私が解説します。 3歳になった現在は、その上のキッズアカデミーに引き続きお世話になっています。通っている間も10校ほどほかの幼児教室に体験に行きましたが、あえてベビーパークに通い続けている理由も含めてお伝えしていきたいと思います。   参考までに... IQに着目しているわけではありませんが、分かりやすいので指標を出すと、私の息子は、ベビーパーク入会時はIQ108でしたが、1年後にはIQ148まで伸びていました。(自己採点) 3歳になったばかりのタイミングで、キッズアカデミーの知能検査を受けましたがIQ146という結果でした。 1歳で自分の名前を言い、2歳で親とは普通に会話ができていました。これが早いか、遅いかという話ではなく、1つの指標としてこれくらいのことができるようになりました。という参考程度に見ていただけたらと思います。 1歳で通える幼児教室5つ見学 一般的に幼児教室のイメージってどんなイメージですか?   こんなイメージが多いのではないでしょうか?実際、体験に行った1歳からやってる5つの幼児教室も例外なくこんな雰囲気のところもありました。 とにかく座りましょうと強制する教室 ペーパー重視で座らない息子に途方に暮れる先生 レッスンしている自分に酔って、1人1人を見れてない先生 脱走する息子を扱えきれていない先生 こんな教育が本当に1歳の子供たちに必要なのでしょうか? ある幼児教室の先生は とめちゃめちゃ笑顔で言われました...。えーっと。軍隊ですか?強制して座らせて意味ありますか? 確かに、大人は楽です。子供が言うことを素直に聞いてくれたら、それほど楽なことはありません。でも、それと同時に子どもの思考回路を停止させてしまっていることに気が付いてほしいなと思います。間違ってもこの記事を読んで下さっているあなたには、そんな間違いを犯してほしくありません...。   内発的動機づけがカギ ちょっと話がズレますが、人間の行動心理に【外発的動機づけ】と【内発的動機づけ】の2種類があります。 私は、子ども自身が自分で考えて学ぼうという気持ちにならないと知識の定着、発展しないと考えているので、先に記載したような〈大人の言うことを聞かす〉幼児教室には一切興味が湧きませんでした。 ベビーパークでは、基本のレッスンカリキュラムはありますが、決して強制することはありません。そのため、子ども自身が学ぶことに興味を持ち、先生も様々な好奇心を刺激する内容を提示してくださるという相乗効果で、【内発的動機づけ】で勉強する姿勢が身につきました。実際3歳になった息子は、様々なことに興味をもち、「なんだろう?」と思ったことは図鑑で調べるなどという習慣がしっかりと身についています。   これからの時代、ただ学力が高いだけでは、社会に出てから生き残っていくことは難しく、自分で問題を見つけ出し、解決していく能力がとても重要になってきます。そのため、大人主体ではなく、子ども主体の幼児教室は【内発的動機づけ】をする意味でもとても重要だと私は考えています。 ベビーパークに決めた4つの理由 あえてベビーパークを選ぶ4つの理由・知的好奇心の高い子に育つ ・非認知能力の高い子に育つ ・”学ぶ”が楽しいと思える習慣が身につく ・自分の育児を客観視できる   大きく分けてこの4つが、実際に通って得られた効果としてとても大きいと感じています。 1つずつ説明していきます。   知的好奇心の高い子に育つ とにかく子どもたちが興味を持つように仕掛けていくのがうまいレッスン内容です。 1レッスン(1時間)で、変わるがわる色々な内容を行います。 これだけのことを、どんどんやっていくので子どもたちがダレて飽きることはありません。   子どもの体感時間は大人の6倍! フランスの心理学者ピエール・ジャネーが著述した「ジャネーの法則」というものがあります。これは人の体感時間はこれまで生きてきた年齢に反比例するという法則です。 これによると、子どもの体感時間はおよそ6倍。つまり10分が1時間に感じられるそうです。 よくありますよね、絵本を読んでいても途中でどっかに行ってしまったり、ちょっと待っててが待てなかったり…これは、単なる好奇心だけではなく、子どもたちの体感時間がそもそも大人とは違うということを親である私たちが知っておかないといけないんですよね。   これを踏まえて、ベビーパークのレッスンはとにかく切り替えが早い! 子どもたちが飽きてしまう前にどんどん、いろんなカリキュラムを提示してくれるおかげで、1時間(つまり子どもたちにとっては6時間!)という長時間でも集中して取り組んでくれます。     わたしもそう思っていました。 でも、大丈夫です。3歳になった我が子はしっかり集中して1時間くらいは”べんきょう”できるようになっています。 基本的にはカリキュラムに沿ってレッスンは進みますが、もしお子さまがなにか1つの作業に没頭していたら、先生は「お母さまそのまま見守っていてくださいね」と声掛けしてくださいますし、タイミングを見計らって「それ片づけたらこっちおいでねー」と声もかけてくださいます。幼児教室でよく見かける、『みんな一緒!』『同時にやりましょう』ではないので、お子様の好奇心を存分に伸ばしていくことができます。   非認知能力の高い子に育つ ベビーパークのキャッチコピーは、【IQ150】で、確かに我が子も...
2017年2月1日0 DownloadsDownload