『反抗期いつ終わるの~』ともう悩まない!反抗期を回避する幼児期からできる手法とは

反抗期を回避する方法
ご存知ですか?

 

子育てしていると
必ず聞く反抗期。

皆さんが想像する反抗期は
おそらく中学生の頃かと思いますが

これは発達心理学では
「第二次反抗期」と言います。

 

 

第二次…

 

 

ということは
もちろん”第一次”もあるハズ…

 

 

 

そう
それこそが「魔の2歳児」とも言われる
2歳~4歳頃のお子さまのことを
「第一次反抗期」と定義します。

 

人生で2度あると言われる反抗期

 

 

できればうまく回避したいですよね。

 

 

 

そんな上手く
回避することなどできるのでしょうか。

 

ディズニーに学ぶ親子の絆

みなさんは
ディズニー映画は
ご覧になられますか?

 

最近息子の中で
ブームだということもあり
カーズやトイストーリーなどの
ピクサーシリーズから

 

シンデレラや
眠れる森の美女など
プリンセス作品まで
あらゆる作品を一緒に観ています。

 

ディズニー映画に限らず
映画や小説は
人間の様々な情景を
上手く表現されています。

 

 

 

その中で
先日モアナを観たのですが

created by Rinker
¥3,110 (2019/08/23 16:03:37時点 楽天市場調べ-詳細)

 

その中で
まさに子育てにおいて
大切にすべき親のあり方を
感じたので
お伝えしたいなと思います。

 

〈モアナと伝説の海〉という
2016年の上映された映画で

ある村の村長の娘として
生まれたモアナが
村を守るために

父に禁じられている
海へ飛び出し
村を救う

そんなお話。

 

 

モアナは生まれた時から
海に憧れ
外に出たいと思い続けていた。

でも
村長である父は
娘が大切なあまり
海に出ることを禁じ

海に出ることを
許すことは無かった。

でもある日
祖母が危篤になったことを機に
村を助けるために
父の反対を押しきり
海へと飛び出し
村を救うために奮闘する…

 

 

 

モアナのパパの気持ちは
痛いほどよくわかります。

自分自身も
若いときに海に出て失敗し
親友を亡くした経験があり

娘にもさせたくない。

 

 

そう思うのは
親として当然だと思います。

 

 

しかし
子どもも1人の人間です。

 

 

意思があり
主張があります。

 

 

 

お子さまの主張を聞き
尊重してあげることも
親の役割である

 

改めて
そう感じました。

 

 

 

もちろん
モアナのパパみたいに
心配はあります。

 

むしろ
心配しかありません(笑)

 

 

 

 

ですが
お子さまの主張を聞き
尊重してあげることにより

 

より強い
親子の絆が深まると
思うのです。

 

 

大切なことは「主張」と「尊重」

では
モアナのように
一大決心の大冒険は
2~4歳ではなかなか無いかも
しれませんが、

普段の生活でも
この主張&尊重は
大いに役に立ちます。

 

例えば
日々の洋服選び。

 

 

女の子は比較的
自分で選びたがるお子さまが
多いようですが、

この自分で選ぶ
という経験もれっきとした
「主張&尊重」
の行為ですよね。

 

 

たとえ
トップス:ストライプ(レインボー)
ボトムス:ドット(カラフル)
とピエロのような
コーディネイトだったとしても
(笑)

 

 

お子さまが
・自分で選んで
・ママが認めた
という経験は
より親子の絆を深めてくれる
ことでしょう。

 

他にも
・パンorおにぎり
・電車orバス
・道 右or左
などどんな場面でも

 

お子さまが主張して
ママが認めてくれた

 

 

 

そんな経験を多くしたお子さまは
必ずママと良好な関係を
気づくことができるでしょう。

 

 

こんな些細なことで
変わる?

 

はい。
変わります。

 

 

このような
小さな経験がのちに
大きな経験へと
繋がって行くのです。

 

 

これは決して
ワガママではありません。

 

ちゃんとした枠組みの中で
選択しているだけのこと。

 

 

人間は1日の間に
9000回の選択をしながら
生活していると言われています。

人生の中で
「選択する」という行為は
避けて通れない道です。

小さいころから
自分で選択し責任をもって
行動することを
習慣付けてみませんか?

 

2つの選択肢を
与えてみよう

どんなことでも
構いません。

今からやる行動で
2つ選択肢を提示してみてください

きっと
嬉しそうに選ぶと
思いますよ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。山内涼子です。 学生時代に時代に幼児教育や心理学についてまなび、子どもの指導をする立場としてのべ2000人以上の指導に携わってきました。 このサイトでは少しでもママたちが楽しく毎日を過ごせるコツをお伝えするとともに、これからの激動のAI時代を生き抜ける子に育てる方法をお伝えしていきます。