今日も子どもにイライラしてしまったと自己嫌悪しているあなたへ

皆さんは育児で
イライラすることありますか?   

 

  • 何回言っても片づけない
  • ダラダラ食べる
  • なかなか帰らない
  • ぜんぜん寝てくれない

 

など子育てをしていると
必ずと言っていいほど

思い通りにならない事態が
起こりますよね?

 

こんな時
みなさんはどのように対応されて
ますか?

 

○もうっ!ちゃんとやって!
○なんでそんなことするの!
○お母さん言ったでしょ!

 

そんな言葉が
自然と出てきてしまうことも
時にはあるのではないでしょうか?

 

じつは
このような事態に対応する秘策が
あるんです!

 

その秘策について
シェアしますので
今日からイライラとはおさらば
しましょう。

あなたができることはなんですか?

ポイントは
《自分にフォーカスすること》
です。

 

たとえば、
我が家の思い通りにならない事態
と言えば

私も毎日、保育園の帰りに
『公園へ行く』という
ハードスケジュールを
要求されることですかね(笑)

 

6時に直行で家に帰って
夕食作って
食事して
勉強して
片付けして
ってやりたいこと山ほどあるのに…

 

天気のいい平日は
毎日夕方6~7時は公園です。
今では当たり前の
ルーティンのようになっていますが
当時は
何度言い聞かせても

子「自転車乗るの!」
子「公園行くの!」
子「公園でご飯食べたい!」

など親の要望など聞くわけもなく
途方に暮れていました。

 

だってアラサーの私

正直朝9時から働いて
夕方6時にお迎え…

\もう体力レベル0です/

 

なんなら
ご飯作らず一回ソファに横になりたい
そんなレベル(笑)

 

3日間ほど
息子を説得する日が続きましたが
結局、夢かなわず…。

 

 

毎日そんな彼を
公園で見守りながら思ったんです。

 

 

涼子
彼の公園に行きたい欲求は
私にはどうしようもないなって。
じゃあ、私が今できることに
フォーカスしよう

 

 

 

つまり
どういうことかというと

 

自分ではどうしようもない事態を
変えようとするのではなく

その状況で自分は何ができるか
を考える

ということ。

 

 

たとえば
・お子さまがなかなか寝ない
場合を考えてみましょう。

 

お子さまが寝ない
という事実は私たちは親には
変えられませんよね。

 

そのうえで
じゃあ親である自分は何ができるか
それを考えるのです。

 

この場合だと

  • 親がまず寝る
  • 部屋を暗くする
  • 絵本を読む

など眠くなるような環境を作ることは
私たちにもできますよね。

 

それでも寝ない。
それならそれでOKです。

 

 

でも
ここで終わりではありません!

 

じゃあ
なぜ寝なかったのかを考えるのです。

 

  • 昼間の運動が足りなかった?
  • 昼寝のタイミングが遅かった?
  • 夜直前にご飯を食べた?
  • 翌日楽しみなイベントがある?

など、
寝ない理由は必ずどこかにあります。

 

そして、
お子さまが予定時間に寝れるように
私たち親ができること
考えるのです。

 

ここが最大のポイントです。

 

 

「寝なさーい!!!」

って怒るのは簡単ですが、
お子さまもストレスだし
親である私たちもストレスです。

 

 

目の前の現実だけを
見るのではなく、

あらゆる角度から物事を観察し
考察してみてください。

 

 

あの偉大なマザーテレサは
こう言っています。

 

 

ママ業は本当に大変ですが
少しでも多くの時間
私たち自身が笑顔で過ごせるように
一緒に楽しみましょうっ!!


イライラしたら深呼吸。

 

それから、言葉を発してみましょう。
冷静になれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。山内涼子です。 学生時代に時代に幼児教育や心理学についてまなび、子どもの指導をする立場としてのべ2000人以上の指導に携わってきました。 このサイトでは少しでもママたちが楽しく毎日を過ごせるコツをお伝えするとともに、これからの激動のAI時代を生き抜ける子に育てる方法をお伝えしていきます。