実写版ライオンキング=令和子育て!? ムファサ王に習う親のあり方

『王は支配するのではない
多くを与えるのだ。』

みなさんは
実写版のライオンキング
観られましたか?

 

アニメーションの
ライオンキングにどハマりし

セリフを覚えるまで
エンドレスリピートしている
息子を連れて行ってきました。

 

子育てする身として
通ずるものがあったので
今日はそちらについて
シェアしたいと思います。

 

実写版ライオンキングに学ぶ親のあり方

今回の実写版

クチコミは
賛否両論ある様ですが

個人的には
アニメとほとんど
ストーリーも変わらず
セリフも似ていたので

安心して
楽しむことができました!

 

息子のだいすきな
長老のおサルが
戦うシーンもちゃんと
再現されており
息子も大満足だったようです
(分かる人はマニアック?!笑)

 

 

その中で
主人公 シンバのお父さんでもある
ムファサ王。

 

彼のセリフで
子育ても同じだな~

と感じたセリフが
冒頭でもお伝えした


王は支配するのではない
多くを与えるのだ

というセリフ。
(完璧に正確ではないかもしれませんが
ニュアンスはこんなことを言ってました)

 

シンバが
自分が将来治めるであろう
国を見せてもらい

『これが全部ボクのもの?』

と尋ね

 

ムファサ王は

『決して王のものではない』

『王は守るのが仕事だ』

と教えるシーン。

 

これ
“王”→”親”
に置き換えて考えても
しっくりくるんですよね。

子どもが親のものではない。

親は子を守るのが仕事だ。

親は子を支配するのではない。
多くを与えるのだ。

 

ね?(笑)
どうです?

まさに私が
いつも子育てしながら
思っていることだなーと。

 

 

感情の連鎖反応

ライオンキングの場合は
食物連鎖の話を
ムファサ王はしていました。

ライオン死ぬ
  ↓
土になり草が生える
  ↓
その草をシマウマが食べる
  ↓
シマウマをライオンが食べる
  ↓
ライオンが死ぬ

これが
サークル・オブ・ライフ
全部繋がっているんだと。

 

 

子育ても同じだと
思うんです。

親が毎日楽しい
  ↓
子どもも楽しくなる
  ↓
友だちとも楽しく過ごせる
  ↓
友だちも楽しくなる
  ↓
子どもが保育園楽しく通う
  ↓
親も毎日楽しくなる

 

 

ハッピーで楽しい感情は
どんどん周りに伝わり
巡り巡って繋がっている。

 

簡単に書きましたが
これ以上に
もっと広く伝わっていると
思います。

 

 

逆もしかり。

 

 

家で怒られてばかり
  ↓
子:怒りの感情がたまる
  ↓
友だちにあたる
  ↓
友だちも嫌な思いする
  ↓
保育園も嫌になる
  ↓
毎朝保育園イヤイヤ
  ↓
ママもイライラ

 

 

これが全てではありませんが
感情の連鎖って
あると思うのです。

 

食物連鎖のように…

 

 

ママがハッピーになること

だからこそ、まずは
ママ自身が楽しく過ごせるように
少しでもイライラを
軽減できるように

このブログでは
ほんのちょっとの育児のコツを
お伝えしています。

 

 

1人にだけ有効な方法ではなく
脳科学をもとに
子どもの心理を上手く使って
誰にでも通ずるものを
お伝えしています。

 

 

このブログを読んだママが
少しでも
ガミガミ/イライラする毎日から
解放されますよに

 

今日という大切な1日を
一緒に
楽しみましょー\(^o^)/

今日も子どもにイライラしてしまったと自己嫌悪しているあなたへ

2019.07.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。山内涼子です。 学生時代に時代に幼児教育や心理学についてまなび、子どもの指導をする立場としてのべ2000人以上の指導に携わってきました。 このサイトでは少しでもママたちが楽しく毎日を過ごせるコツをお伝えするとともに、これからの激動のAI時代を生き抜ける子に育てる方法をお伝えしていきます。