恐竜がだいすきな子向け!京都市青少年博物館 しゃべる恐竜を見に行こう!

恐竜好きなお子さまをお持ちのみなさーん!

京都市に「しゃべる ティラノサウルス」がいるのご存知ですか?

ガオーっ!とリアルにほえるのではなく、おしゃべりする可愛らしいティラノサウルスがいるとのことで、恐竜マニアの息子を連れて遊びに行ってきました。

こんな方にオススメ
  • 恐竜だいすきな子
  • 動く恐竜を見せてあげたいママ
  • 最近恐竜に興味持ちだした子
  • 化石などをお子さまに見せてあげたいママ

3,4歳くらいになってくると、恐竜に興味を持つお子さまも多いですよね。恐竜のフィギアで戦いあったり、図鑑でずーっと調べてたり、恐竜の動画を見たりなど夢中になって遊んでいるのではないでしょうか。

わが家の息子も例外なく、3歳後半からジュラシックパークを全制覇し、ヒマさえあれば恐竜図鑑や、フィギアで遊びたおしています。

涼子
一緒に見ている私も、デボン紀や白亜紀とずいぶん詳しくなりました。笑

しゃべるティラノサウルスってなに?

まずはコチラをごらんください。

これが「しゃべるティラノサウルス」です。

いやー。ほんとに喋ってる。 動きはリアルなんですが、話し方はものしり博士みたいでかわいくないですか?

これなら、リアルな恐竜が怖いお子さまでも少し近づいて楽しめそうじゃないですか?

涼子
と書きましたが…我が家のへたれ王子はめえええええっっちゃ遠いところから眺めてました(笑)最初の「ガオー」で恐怖を感じたようです。

他のお子さまは、とても楽しそうに何度もボタンを押したり、下から眺めたりしてとても楽しんでいらっしゃいました。

他にはなにがあるの?

化石や古生代の進化の歴史ゾーンもあり、勉強にもなり楽しめます。

青少年科学館なので、ピタゴラスイッチのような、ボールコースターもあります。

あと、写真を取り忘れたのですが、炎の色の変化を楽しむゾーンがあり、3歳の息子でも「10円玉は緑色に燃える」「お塩は赤色」と夢中になって楽しんでいました。

涼子
楽しみながら知識を付けられるので、科学館はほんと楽しいっ!!

本がいーっぱいあるのも魅力!

科学館でめずらしいなと思ったのが、本がたーくさん並んでいたこと。

私が気づいていないだけかもしれませんが、今まで訪れた科学館でここまで本が自由に読めるようになっているところは見たことがありません。

科学の本が古いものから、新しいものまでビッシリ並んでいて見ていてとても面白かったです。いつも行っている図書館とはまた違うラインナップでしたので、いくつかご紹介します。

涼子
恐竜の本のみの紹介でごめんなさーいっ

あいうえお恐竜

中身はこんな感じで”あいうえお”と”恐竜”の名前が一気におぼえることができる…!!なんてお得な本っ!もちろん、その場でAmazonポチりました。

はっけんずかん 恐竜

これは、仕掛け絵本になっていて、恐竜が隠れている本になります。めくりながら楽しんで恐竜の生態を学ぶことができる絵本です。これも、もちろんポチったのですが、まだ届いていません。楽しみっ!

このあたりが、幼児でも楽しめる本かな~。あとは、ちょっとマニアックで文字数が多かったので小学生向けかなと思います。

気になるものがあれば、ぜひチェックしてみてください!

恐竜マニアは賢くなる

恐竜だけではなく、なにか夢中になるものがある子は強いです。

好きなものに熱中して、深堀していく。そんな学習こそが子どもたちの知識を深めていきます。

恐竜に興味があるから、ジュラ紀/白亜紀の歴史背景を覚えるし、プテラノドンとケツアァルコアトルスの区別もつくようになるんですよね。

そうすると、自然とカタカナも覚えるし、ちょっとした違いにも気づけるようになるんですよね。

涼子
お子さまの好きなものがあるのであれば、ぜひ深堀させてあげてくださいね。

京都市青少年科学センター

住所:〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13番地
電話番号:075-642-1601
駐車場:普通車30台
HP:http://www.edu.city.kyoto.jp/science/access/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。山内涼子です。 学生時代に時代に幼児教育や心理学についてまなび、子どもの指導をする立場としてのべ2000人以上の指導に携わってきました。 このサイトでは少しでもママたちが楽しく毎日を過ごせるコツをお伝えするとともに、これからの激動のAI時代を生き抜ける子に育てる方法をお伝えしていきます。